ノンフィクション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GP京都2018 レポ

成長とは程遠い


チーム戦のレポは書いてて辛くなる(;_;)


チーム構築であるGP京都に参加してきました。
チームメンバーは鮭さん(スタン)とジーザスさん(レガシー)でやはり元DMPだけのチームに(
2人は勝ってくれると信じていたので後は自分がしっかりしてればなんとかなると思っていました(過去形)

まずはデッキ選択の話から。
時系列で自分の調整の過程を書いていきます。

時を遡ること2017年12月。
前述の通りモダンはデッキが多いので早いうちから色々なデッキを触り始めました。
この時期に回してたデッキはストームとアブザンとタイタンシフト。
ストームは秒で没になりましたがアブザンとタイタンシフトは好感触。
アブザンは死の影、タイタンシフトはトロンに有利で当時、死の影とトロンは人気なデッキでしたのでどちらかが流行っているようならそれに有利なデッキを持ち込むのはアリだなと思っていました。

時は進んで2018年2月上旬。
PPTQ周回も終わりモダンを再開することに。
メタをチェックするためにプロツアーの結果を見たらメタがわからなくなる・_・
回して環境を理解しようと思ったので良いなと思ったマルドゥパイロマンサーをMOで組んで練習することに。
土地コンボ以外には勝てるしこれを持ち込むのアリやな~って思っていたら事件が…

2月中旬、神ジェイスと血編みが解禁される・____・
解禁のせいで候補だったデッキが全て崩壊しました…
マルドゥパイロマンサーはジェイスと血編みが入ったデッキに勝てず、さらにそれらに勝てるという理由で苦手なトロンも増えそうなので没。
タイタンシフトは増えるであろうトロンに有利なところは良いですが、逆に言えばそこしか良い点がなく他のデッキにめちゃくちゃ有利に戦えるというわけでもなかったので没。
アブザンに至っては「それジャンドでよくね?w」と言われてしまう始末…

全てを失ってしまった自分は最後の手段である死の影に手を出します。
去年からずっと使ってるしプレイは理解できてるし後は環境にあったリストさえ作れればいける…わけがないです。
苦手なデッキであるジャンドや青系のコントロールが増えるのは目に見えてるし、それらを狩るトロンにも大して有利なわけではなくなんなら5色人間もキツイ…
MOで勝てた試合も相手のミスを拾えてる時だけだったので本当に終わったんだなと悟りました。
個人戦ならともかくチーム戦で情のデッキを使うのは許されないので泣く泣く没に…

気づけば2月も終わり3月に。
デッキがまったく決まらなかったですが候補だけは上がってました。
この時点での候補は青白コン、バーン、トロンでした。

神ジェイスが入って強化された青白コンですが回していくうちにモダンで受けきるのは無理だと判断し没に。

バーンは悪くないと思っていましたが、前まで有利だったジャンドにそれほど有利じゃなくなり、メインから蛮行が入っているホロウワンもキツく、GPでの使用率が高そうなデッキたちに勝てないのが気になり、直前のモダンGPでバーンが全滅してたことから今のフィールドじゃ勝てないと判断して没に。

消去法みたいな感じになったもののGP京都でトロンを使うことが決定。
回し始めた頃は土地が揃わなくてキレ、こんなデッキ使わんわとか言ってたものの、厳しくしすぎたキープ基準を少し緩くしてみたら勝率が微妙に向上。
GP前にはかなり安定してきてMOのチケが増え続ける一方で好感触。
使用率が多そうなジャンドに微有利で、苦手なデッキに対しても土地さえ揃ってしまえば勝てる可能性があり使用する価値が十分にあると判断したので使用するのが確定。

以下、使用した黒緑トロンのリスト
メイン
EbC0Lftf.jpg
サイド
Y1QZW9d8.jpg

井川プロの構築のほぼコピー(
メインのウラモグを2枚にした点とサイドにるつぼを入れたところ以外はコピー。

メインのレリックをバリスタに変えるか悩んだものの元リストと同様レリックを採用。
人間と親和に対する勝率を上げたいならバリスタに変えるべきだなと思いました。

以下GPレポ

1回戦:ジャンド 個人:○○─ チーム:○
1本目はカーンとワルブレでランデスし続けたら相手がボブ死して勝ち。

2本目はウルザの塔が大爆発に割られてから外科的摘出されて揃わなくなるが6マナ溜めてワムコ連打で勝ち。


2回戦:リビングエンド 個人:×○○ チーム:○
1本目は先攻だから間に合うかと思ったら2ターン目に大爆発が出てきて先手後手が入れ替わり、こちらの土地が揃った時にはすでに相手の場に20点以上あって負け。

2本目はスラーグ牙とワムコを並べ死せる生を撃たれても負けない場を作っておく。
相手が死せる生を撃ってきて返しの攻撃でトークンたちで防いでウギンで流して勝ち。

3本目は相手ワンマリで動きが悪く、囲いで続唱呪文をハンデスしたら2枚目をなかなか引けなかったのでその間にスラーグ牙とワムコで殴って勝ち。


3回戦:5色人間 個人:○○─ チーム:○
1本目は相手トリマリ。翻弄する魔道士2体が忘却石とバリスタを指定してきたところをウギンで流して勝ち。

2本目は幻影の像でワムコをコピーされて面倒なことになるがウギンでシューティングしてたら投了されて勝ち。


4回戦:呪禁オーラ 個人:○○─ チーム:○
1本目はダブマリから3ターン目にカーン→4ターン目にウラモグが決まり圧勝。

2本目は相手が東屋スタートで3ターン目のカーンで除去したら動きが止まったのでワルブレとウラモグでランデスして勝ち。


5回戦:5色人間 個人:××─ チーム:○
1本目はウギンでクリーチャー除去した返しのターンにバイアルのカウンターを4つにされ、???となった次の瞬間ハゾレトがバイアルから出てきて残り5しかないライフを削りきられて負けw

2本目は真髄の針で忘却石を止められたがウギンで流すことに成功して喜んでたらまたもバイアルからハゾレトが出てくる。
ハゾレトが出てきた時点で自分のライフは4しかなくて死。


6回戦:青トロン 個人:××─ チーム:×
1本目はなんとか土地を揃えてカーンを唱えるも呪文貫きで弾かれ、廃墟の地でウルザ土地を無限に割られ相手だけ土地が揃いウラモグ唱えられてgg

2本目は3ターン目にウルザ土地が揃い、カーンを唱えられたが卑下と呪文貫きをケアしてワムコ出すところまでは良かったものの、廃墟の地でウルザの塔を割られそれを外科的摘出され、後は相手がウラモグを唱えるのを見届けて死。


7回戦:ジャンド 個人:○×× チーム:○
1本目は3ターン目にカーン→4ターン目にウラモグで圧勝。

2本目は大爆発をコラコマで回されて死ぬまで土地が揃わなくて負け。

3本目は3ターン目にカーンを出せたものの、そこからフィニシャーが1枚も引けず血編みに殴り殺されて死。


8回戦:親和 個人:××─ チーム:×
1本目は3ターン目のカーンで溶接の壺を処理して4ターン目の忘却石でリセットする計画だったが、こちらがカーン出した返しに墨蛾の生息地を引かれ、場にいた2体のラベジャーで墨蛾の生息地をパワー10にされ毒殺エンド。

2本目はワンマリしてウルザ土地は揃うものの緑マナが捻出できず、ハンドに活性と自然の要求を抱えたまま死。
ライフを温存する為に彩色の宝球2つから黒マナ2つ出して四肢切断を使ったところがミスだったかもしれない。
1つだけでも残しておけば結果は違ったかも。


個人4-4と本来なら初日落ちですがチームが噛み合い6-2だったので2日目へ。

9回戦:バーン 個人:×○× チーム:×
1本目は後攻3ターン目にワムコを出せたものの4ターン目が訪れる前に焼死。

2本目は先攻3ターン目にワムコを出し、相手のワンチャンを潰せるプレイができて勝ち。

3本目はワンマリで土地1だったが彩色の星2枚と蛮行2枚があったので勝負キープしたが、相手の先達を利用しても死ぬまで2枚目の土地が引けず負け。


10回戦:グリクシスシャドウ 個人:○○─ チーム:×
1本目は見え見えの頑固な否認をワムコ、ワルブレ、ウラモグで躱して勝ち。

2本目はカーンが打ち消されるものの聖域でウラモグをサーチし、そいつが通って2パンで沈めて勝ち。


11回戦:青白コン 個人:○×○ チーム:○
1本目はカーン、ワルブレ、ウラモグでランデスしまくって勝ち。

2本目は1ターン目の地図を静寂で機能不全にされ、こちらがサーチできない間にも海と廃墟の地で土地を縛られ続け、ジェイスが奥義まで到達したので投了。

3本目は最終的に場がカーン、ウギン、スラーグ牙、ワルブレ、難題、ウラモグと全てが集結して勝ちw
これがこのデッキ最後のブン回りであったのだ


12回戦:バーン 個人:×○× チーム:○
1本目は3ターンにウルザ土地が揃うもワムコもカーンも出せず、4ターン目にウギンで先達や速槍を殲滅するが火力いっぱい持たれてて負け。

2本目は相手がフルタップになってくれたのでそこで蛮行を合わせる。その後も火力1枚で負けるギリギリな展開になったが耐えて勝ち。

3本目はスラーグ牙に頭蓋割りを合わせられ、残りのライフも火力呪文に削られて焼死。


13回戦:赤緑エルドラージ 個人:××─ チーム:○
1本目は土地が揃うがフィニシャーが引けず難題とスマッシャーにライフを削られ、死にかけのところでウギンを引けたのでキャストして聖域を誘発させワムコをサーチしすぐ出したがエルドラージの寸借者に強奪され負け。

2本目は人生初の5マリをしてしまい負けw
初手はウルザ土地1枚だけあったけど残り2枚を探せるカードがなかったのでマリガンしたらそこから1枚も土地がないハンドばかり(;_;)


14回戦:親和 個人:×○× チーム:×
1本目はこちらマリガンで動きが鈍いところをドブンでイカされて負け。

2本目は忘却石でリセットしてから互いにずっと土地ばかり引いてゲームが進まずw
先にこちらがウラモグ引けてEND

3本目は相手が2ターン目に5/5の墨蛾の生息地が誕生して殴られ次のターンに死ぬ状況に。
活性で幽霊街をサーチできたから耐え!と思いきや何故か活性を唱える前に土地を置いてしまっていたのであった…
チームの負けが決まってたから雑にやってしまった。反省…


2日目の成績は個人2-4、チーム3-3。通算だと個人6-8、チーム9-5という結果に。
1日目もお荷物だったけど2日目はもっと荷物になってた…



GPで2日目へ進出できたのはこれで4回目となりますが、2日目の最初の試合の勝率が0%ということに気づいてしまいました…
疲れが溜まって集中力が低下してるんかなとか思ったり。少し早めに起きて頭を冴えさせるべき?へ。

当たり前ですが2日目の相手は1日目の相手と比べると強いですね。
久々に2日目へ進出できたわけですが1日目と比べると強い人と当たってる感がありました(当たり前
GP後半になると相手がミスしなくなってくるので自分もミスを少なくできたらいいなと思いました(ミスしまくる為

モダンの感想としては5色人間を舐めすぎてました。
対応力とドブン力が高いことを練習で気づけなかったのは失敗。
たまくつとキャノピー高いから買いたくないけど理解を深めるために自分で回すのはアリだなと思いました。

使用デッキとしては今となっては親和を使った方が良かったなと思いました。
ガードが割と下がってたし5色人間とホロウワンにも少し有利ですしね。

トロンを使ったことに後悔はしてないものの5色人間と親和を見てバリスタ入れるべきでした。
バリスタを入れた方が良いと気づけたのは2日目のラウンド10が終わった後に愛知の知り合いと話した時という…
気づくの遅すぎだし自分で気づけなかったのもダメダメのダメ・___・


普段と比べると少し長いGPレポ終了。
次回、4月のRPTQレポ(まだ2つもレポ溜まってる何?
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

そばんげ

Author:そばんげ
やっているカードゲーム
デュエルマスターズ
ヴァイスシュヴァルツ(引退)
ヴァンガード(引退)
遊戯王(引退)
ウィクロス(引退)
MTG


好きな作品
魔法少女リリカルなのは
灼眼のシャナ
真・恋姫†無双
ひぐらしのなく頃に
STEINS;GATE
境界線上のホライゾン
D.C.シリーズ
グリザイアシリーズ
戦姫絶唱シンフォギア
刀語
あいまいみー
エルフェンリート
きんいろモザイク
サウスパーク
AIR

FC2カウンター
現在いる人数
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
バロメーター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。